インプラント治療の流れを知っておこう

手術前の精密検査

インプラント治療を行なうには、CTスキャンなどにより手術前にまず口の中の状態を検査します。歯が失われた部分や骨の状態、噛み合わせなどの確認が必要です。

治療計画の立案

口の中の状態を検査したら治療計画を立案します。必要となるインプラントの本数や通院期間、料金などを明確にする必要があります。

人工歯根を埋入する手術

インプラント手術ではまず麻酔を行い、歯茎を切開して顎の骨に穴を開けます。さらに人工歯根が埋入されます。手術時間は1時間から3時間程度です。

人工の歯を装着する

インプラント手術の後2か月から6か月程度経過すると、人工歯根が骨と結合します。人工歯根が定着したら、アバットメントと人工歯冠を取り付けます。

治療後のメンテナンス

インプラント手術が全て終了した後も、3か月から6か月ごとに定期検診が行われます。歯周病を防ぐためには定期的なメンテンナンスが必要です。

インプラントは完了までに時間がかかる治療

インプラント治療は精密検査と治療計画の立案から人工歯根の埋入手術、アバットメントと人工歯冠の装着まで半年ほどの時間が必要になります。

比較すると分かるインプラントとブリッジの違い

インプラントの特徴とは

インプラントは失った歯を補い、噛み合わせの安定を長期間保つことができます。また健康な歯を犠牲にする必要がありません。

ブリッジの特徴とは

ブリッジもインプラントと同様に失った歯を補うことができますが、土台となる歯が両側に存在することが利用条件とされます。また土台となる健康な歯を削る必要があります。

インプラント治療を受けて失った歯を取り戻そう!

インプラントは既存する歯に最も近いといわれる義歯

インプラントは人工歯根を顎の骨に埋め込み、その上にアバットメントと人工歯冠を装着します。自分の歯と同じように噛むことができ、見た目も天然の歯とほとんど変わりません。第二の永久歯とも呼ばれます。

インプラント治療は保険適用外になる

インプラントは失った歯が多い場合でも容易に咀嚼能力を回復でき、見た目も天然の歯に近く綺麗です。ただし保険適用外のため、1本あたり30万円から50万円とされています。自由診療なので医院によって料金に違いがあります。

インプラントを入れることで生まれるメリットをランキング

no.1

咀嚼能力を回復できる

インプラントは入れ歯と異なり固形物や粘りのあるものをしっかりと噛むことができます。また自分の歯と同様の噛み合わせを回復できるので、装着による違和感もありません。

no.2

天然の歯のように美しい外観

入れ歯の場合には自然な外観を損なうことがありますが、インプラントの場合には天然の歯と同様の自然で美しい外観を回復できます。審美性が非常に高いところがインプラントの魅力です。

no.3

適切なメンテナンスで長期使用が可能

インプラントは審美性が高く自由診療とされますが、適切にメンテナンスすれば長期使用が可能です。入れ歯のように数年で新たに作り直したり、調整し直す必要はありません。安定した噛み合わせを長期間維持できます。

no.4

顎の骨を守ることができる

入れ歯を長期間使用すると、顎の骨が次第に失われるのが通常です。顎の骨が薄い人の場合、安定が得られにくいという特徴もあります。インプラントは顎の骨が失われる心配がありません。また顎の骨が薄い人でも利用できます。

no.5

隣接する歯の負担も少ない

入れ歯には骨や歯の喪失を招きやすいという特徴が存在します。ブリッジの場合は土台となる歯を削る必要があります。インプラントは健康な歯を犠牲にすることなく、自分の歯と同じような外観と機能を回復できます。

京都にあるインプラント治療専門医院

広告募集中